無料ブログはココログ

« 組織内のコンフリクト(衝突・葛藤) | トップページ | 在庫削減 »

2009年1月31日 (土)

内定取り消し

内定取り消しが1,200人超になったと報道されています。

今日は企業の採用方法について(企業サイドから)考えてみます。

長い間、大企業を中心に”新卒一括採用”が採用方式の主流でした。

然し乍ら、事業環境の変化が急速にスピードアップしている今、果たしてその採用方法によるメリットを享受できているのでしょうか。

一般に、新卒一括採用には、

①社内に適正な年齢構成を維持できる

②自社独自の社風や職務遂行方法になじませることができる

③採用後の一定期間、低賃金で雇用できる

といったメリットがある反面、

ⅰ.社会人教育を基礎から自社で行う必要がある

ⅱ.即戦力としては期待できない

ⅲ.採用に当たって準備期間を含め、周到な準備が必要になる

ⅳ.帰国子女や就職浪人を含む幅広い人材を採用することができない

ⅴ.採用にかけられる時間が限られるため、人材をみきわめることが難しい

ⅵ.要員の需要に迅速かつ柔軟に対応することができない

などのデメリットも考えられます。

・・・

うーん、考えてみると、このデメリットのほうが大きくなってきているように思いますが、

皆さんはどうお考えになりますか。

中小は必ずしも大企業のマネをしてこの新卒一括採用を行う必要はありません、

っていうか、景気が良いときは新卒が大企業に流れてしまい、取りたくても取れない、というのが現実だと思いますが。

誤解を恐れずにいえば、

人材についても、「必要なときに、必要な人材を採用する」と考えるべきですし、

その意味で、”中途採用”という選択肢について、もっと見直されるべきです。

(もっとも、今現在は「採用どころではない」とお叱りを受けてしまいそうですが)

ちなみに、中途採用の目的とするところは、

①退職等の補充や既存事業拡大のための人材確保

②高度な専門知識や技術を必要とする人材の確保

③新しい分野への進出、新規出店に必要な人材の確保、あらたな顧客機能を事業ドメインに加えるための人材確保

にあります。

あくまでも、自社の事業にとって戦略的に(将来を見据えて、他社との競争に勝ち残るために)必要な人材を採用する、という視点でとらえるべきだと思います。

Photo1

三菱商事石油開発(株)

(同社HPより引用しました)

同社HPには、「2001年設立以来・・・中途社員を中心に大幅な人員増を実施し・・・」とあります。

Radar_chart

« 組織内のコンフリクト(衝突・葛藤) | トップページ | 在庫削減 »

組織人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138282/27634571

この記事へのトラックバック一覧です: 内定取り消し:

« 組織内のコンフリクト(衝突・葛藤) | トップページ | 在庫削減 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ