無料ブログはココログ

« ”熱狂はこうして作られた”を観て思うこと | トップページ | 飛翔の夢・レーヴディソール »

2011年3月 3日 (木)

タイパン・ホテル

今日の、

東京新聞夕刊

「けいざい潮流」は

”観光立国日本”

です。

少し長いですが引用しますと、

・・・

『昨日タイから戻った。

強行軍の出張で、

バンコクのホテルに着いたのは

東京時間の午前1時半。

疲れて仏頂面をしていたが、

ホテルの従業員のやわらかい対応に

顔が緩んだ。

市内の交通渋滞は

相変わらずすさまじく

ホテルから市の中心地まで

1時間近くかかった。

普通なら

運転手に八つ当たりしたくなるところだが、

仕方ないと受け入れた。

タイに来て

突然私が人格者になった

わけではない。

相変わらず、

せっかちで怒りっぽい。

それが穏やかに過ごせたのは、

タイ人の笑顔と、

手を合わせ拝むようにしてあいさつする

優しい姿のおかげだ。

そして、

語尾を伸ばすタイ語の

柔らかさ。

勤勉に働く姿勢。

・・・(後略)

・・・

このあと、

これは

日本にも当てはまることであり、

外国人は

日本人のサービス精神と

フレンドリーな笑顔

に価値を見出しているのだから、

日本も

「日本人」という観光資源を生かして

観光立国を目指すべきでは、

と締めくくっています。

・・・

確かにそうかもしれません。

普段私たちは

日本人も

なんとなく

優しさや情緒に欠け、

殺伐としてきた、

ように感じ勝ちですが、

外国から訪れた観光客は

日本人や日本人スタッフの親切

にとても感心するようです。

例の

『もう一度あなたから買いたい!』

『もう一度行きたいお店!』

の世界ですね。

商売の極意。

いいかも知れません。

・・・

・・・

私も

タイには何度も

出張で出かけましたが、

ホテルは

決まって

タイパン・ホテル・バンコク

でした。

Others_10705_110126052602_2

<タイパンホテル外観>

・・・

上の記事と同じで、

とても

フレンドリーで

アットホーム、

快適でした。

Others_10705

<客室はこんなふう>

・・・

加えて、

販売現地法人まで

『歩いて5分』

という超のつく利便性や

社用割引だったせい?か

世界でもダントツの格安料金

(多分日本円で4千円切ってた)

も印象深かったです。

ビジネスマンに最適、

一押しのホテルですね。

Others_10705_110126052559

<これはロビーです>

・・・

先ほどホテルのサイトを

覗いてみましたが、

ホテルに関する情報は勿論、

予約にいたるまで

すべて日本語でOKなんですね、

日本のホテルと変わらない。

驚きました。

・・・

でもこの逆、

つまり、

日本のホテルや旅館は、

外国人向けの

現地語での情報発信、

どの程度進んでいるのかな?

って考えると

やや心許ないんですが、

皆さんは

どのようにお思いになりますか?

観光立国のためには

こういうところも

大切ですよね。

・・・

« ”熱狂はこうして作られた”を観て思うこと | トップページ | 飛翔の夢・レーヴディソール »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138282/39089101

この記事へのトラックバック一覧です: タイパン・ホテル:

« ”熱狂はこうして作られた”を観て思うこと | トップページ | 飛翔の夢・レーヴディソール »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ