無料ブログはココログ

« TPP合意文書の怪(怖わ~) | トップページ | 個人番号通知カードが来た »

2015年12月 7日 (月)

TPP(承前)

TPPで一番ヤバイのは

いわゆる”ISD条項(投資家体国家紛争解決)”です。

2_2


これは、例えば、

日本の公的健康保険制度が、

非関税障壁に当たる(ので薬が売れない)という理由で

米国企業が日本政府を相手取って訴訟を起こす、

ようなケースです。

下図のAが日本でBが米国。

日本の薬価が不当に低い、というわけですね。

すなわちターゲットになるのは

健康保険制度に限らずすべての

日本の国内法(制度)であり

最悪のばあい、

国家の主権が損なわれることにもなりかねない。

Pk2013030102100053_size0

ここで注意すべきは

”仲裁裁判所”はほぼ米国の支配下にある

ということ。

米国に有利な判断がなされる可能性が高いです。

・・・TPPをひとことで言えば

米国(企業)の価値観(基準)を他国に押しつける

っていうものです。

単なる関税撤廃じゃない。

現に、

自民党自身がISD条項を明確に否定しています。

(このチラシ?の判断基準⑤)

こんどの合意にISD条項が盛り込まれているなら

(メディアが報じないのでいまいちわからない)

自民党は合意しない(できない)ですが・・・

さてこんどはどんなゴマカシを言うのやら。

1ad09773_2

« TPP合意文書の怪(怖わ~) | トップページ | 個人番号通知カードが来た »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138282/62856956

この記事へのトラックバック一覧です: TPP(承前):

« TPP合意文書の怪(怖わ~) | トップページ | 個人番号通知カードが来た »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ