無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月29日 (日)

国民をだます卑怯なやりかた

久しぶりに山崎雅弘ツイッターから引用。

・・・

【衆院予算委】「国民をだますひきょうなやり方でなく本質的議論を」

共謀罪で山尾議員(民進党) 

この言葉は、共謀罪だけでなく、

安倍政権のあらゆる政策に当てはまる。

「国民をだます卑怯なやり方でなく本質的議論をしているケース」

が見当たらない。

F7165a7c7bcd8c09280c23642c0b901f_tn
・・・
安倍晋三首相が「本質的議論」を回避して
「国民をだます卑怯なやり方」で
重要な政策を次々と成立させられるのは、
与党の議席数優位もあるが、それ以上に
「大手メディアが
『国民をだます卑怯なやり方』に実質的に荷担してくれるから」
という要素が大きいだろう。
だまされていますよ、と国民に伝えない。
・・・
やはり、
民進党は蓮舫じゃなくて
山尾志桜里を代表にすべきでしたね。
キレが違う。

魂の退社(稲垣えみ子)

稲垣えみ子さんの

『魂の退社』
読みました。
51amwcw4hl_sx230_
朝日新聞社を50才で退社した著者の体験記(?)。
すらすらさくさく読めました。
・・・
特にうどん県(香川県)のくだりや、
日本は会社社会だっ!のつっこみが
面白かった。
・・・
急に
うどんが食べたくなりました。
名古屋のきしめんもいいなー♪

2017年1月27日 (金)

憲法改正の真実(樋口、小林)

全国民必読の書!

・・・
いつ読むんですか?
「今でしょ!!!」
これしかありませんっ!。
・・・
51m1pfovc3l_sx230_
・・・
憲法改正に賛成の人も、反対のひとも。
自民党支持者も、そうでない人も。
安倍を支持する人も、支持しない人も。
自民党の”改憲草案”を読んだ人も、読まないひとも。
・・・
「自民党はなぜこんなふうに堕落しちゃったのか?」
 
「安倍はじめとする改憲オタクは
 今の憲法をなぜこうまで毛嫌いするのか?」
いままでなんとなくぼんやりしてましたが、
本書を読んで
目からうろこ♪
・・・
皆さんも知りたくありませんか?
C3kc6mdukaafgtc_2
【訂正でんでん???】

2017年1月24日 (火)

確定申告(個人情報)

昨日、確定申告を済ませました。

00000000000000202501_0000001051_4
・・・
入口でカードをとれば二人目。
待ち時間2分であっという間に終わりました。
・・・
数年前の初体験では
延々と行列に並び、1時間?近くかかった印象。
それ以来
「正月が来たら確定申告!」を
肝に銘じています。
・・・
ところで、ことしから
マイナンバー記入が義務付けられた。
じわじわと、
個人情報の国による管理が進む。
・・・
かたや国の情報公開は
秘密保護法の施行以来
いっそう後退している。
ほら、
TPPの”海苔(のり)弁議事録(笑)”みたいに。
好き勝手に情報取っといて
自分は全く出さない!
・・・
危険な時代になってきました。

2017年1月23日 (月)

買おうかどうか(岸本葉子)

岸本葉子さんの

ご存知買い物エッセイ
『買おうかどうか』
読みました。
・・・
51asucevl_sx230_
相変わらず面白い。
ダブルピース、グッや
オーマイガー、きょえーなどの
イラスト付きの”評価”も
楽しい。
・・・
次は
『買わずにいられる?』
ですね。
いずれも図書館本です。
・・・
残念ながら、
もう新刊としては販売されていない(はず)。

2017年1月22日 (日)

ひさしぶりの昼カラ(相模原・あだん)

久しぶりにWさんとカラオケに行きました。

・・・
店は
相模原・市役所通り蔦屋隣の
『あだん』。
・・・
P1002067_2
・・・
あだん、とは聞きなれない言葉ですが、
ママの田舎の喜界島に咲く花
(そーいわれてみればお店の看板に出てるわね)
らしい。
・・・
カラオケ達者な常連さん2人と交互に歌うのも
もう恥も外聞もないから気にしない、とはいえ
あまり気持ちのいいもんじゃないね(笑)。
・・・
ま、
大声でがなりたてれば
少しはストレス(んなもんあるのか?)解消に
なったでしょうか。
・・・
歌い放題(10曲以上歌った)で
コーヒー2杯(意外と美味し!でも、ふつうは一杯)、
お茶菓子少々に、途中からは
日本茶2杯・・・とくれば
喫茶店なんかよりコスパぜんぜん上!ですよね。
ママも気さくでサッパリな性格。
・・・
そーいえば
歴代の相模原市長もお得意?さんらしく、
現加山市長の色紙なんかもさりげなく立てかけてありましたが、
正直意外。
市長が来る店にしては???どーなんでしょー(失礼!)。
・・・
ま、しばらくしたら
また行ってみよーかな♪

2017年1月20日 (金)

私の居場所はここにある(岸本葉子)ほか

岸本葉子さんの

『私の居場所はここにある』
41jsk3503ml_sx230_
期待通り
サクサク読めました。
・・・
もう一冊は
群ようこさんの
『それなりに生きている』
413qhqegcul_sx230_
・・・
同じ傾向のエッセイですが
私は
岸本葉子さんのほうが好きですね。

2017年1月18日 (水)

若くなくても、いいじゃない(岸本葉子)

おなじみ、

岸本葉子さんのエッセイ、
『若くなくても、いいじゃない』
を読みました。
41y41vf5hnl_sx230_
なんということのない日常のあれこれを
飾らず自然体で。
思わず共感、
ユーモアには思わずクスリ・・・
このところ
岸本節にどっぷりつかってます♪
・・・
このささやかな幸せなひと時が
ずーっと続いてくれますように。

家庭教育基本法(自民党)

松井計ツイッターから引用します。

Bs4qaprh_400x400
困ったものだなあ。これはコワイ。そろそろ引き返しましょうよ。
自民党のみなさん、よろしくお願いしますよ。
⇒まるで戦時体制 自民が提出「家庭教育支援法」本当の狙い
  
知らない間に
世の中、
とんでもないことになってますね。
戦前にまっしぐら、ですか?
・・・
さらに驚くべきは
この内閣の支持率が直近で67%もある。
ってことですね。
あ゛ー、怖わー!!!

2017年1月17日 (火)

大音量で聴く(大月みやこ、狩人)

新春恒例のJA招待コンサート。

今年は大月みやこさんと狩人です♪
P1002066
P1002065
いやー、
耳をつんざく大音量?で聴く迫力はすごい!
狩人は今年で40周年、お兄さんのほうは”還暦”だそう!
大月みやこさんは53周年、・・・ってことは
(年齢はヒ♥ミ♥ツ♥)
・・・
それにしても、
やはりお三方とも、声量が半端ないですね。
とても還暦(あるいはそれ以上?)とは思えません。
・・・
なかでも、
生で聴く狩人の『あずさ2号』素晴らしかった♪
です。
こんどカラOKで挑戦?してみるかなー。

2017年1月15日 (日)

最近読んだ本

櫛木理宇さんの

連作短編集
『209号室には知らない子供がいる』
511fkktwztl_sx230_
と、芦沢央さんの
『いつかの人質』
51x94ll4brl_sx230_
を読みました。
こちらは長編ですが
ぐいぐいひかれて一気読み!
面白かったです♪

2017年1月11日 (水)

こわれていく日本(安倍)

久しぶりに

天木直人さんのブログから引用します。
あまりにもひどい!
_
以下引用。

私が書いた通り、きょうの各紙が一斉に大きく書いた。

2019年元旦に新天皇が即位する、と。

普通なら、後追い記事などというものはしゃらくさいから遠慮して書くものだが、ここまで大きく各紙が一斉に後追い記事を書くというのは、産経新聞のスクープがそれほど衝撃的なスクープだったということだ。

なぜ産経がそこまで大きなスクープを書くことが出来たのか。

産経新聞の大手柄かもしれないが、やはり安倍政権が右翼紙の産経に書かせたと見るべきだろう。

何事もそうであるが、もはや引退すると決まれば、その時点で誰もが過去の人と見る。

はやばやと今上天皇の役割を縮小させていこうという魂胆が見え見えだ。

どこまでも不敬な安倍首相と産経新聞だ。

しかし、きょうの各紙が一斉に書いているのを見てさらに驚いた。

新天皇の即位とともに変わる新しい元号を、はやばやと2018年前半にも発表すると政府は考えているという。

その理由がふるっている。

カレンダーなどの印刷物への対応期間を確保するためだという。

そこまでいうか。

いくら国民生活の便宜のためだといっても、そんな事を今から発表するか。

特例法案も成立していない2年も前から、新元号の発表時期まで明かす。

しかもカレンダー印刷の都合だと言って。

天皇制とはその程度のものなのか。

とこまで天皇陛下のお言葉の意味を軽んじれば気が済むのか。

安倍首相とメディアの不敬ここに極まれりである(了)

引用終わり。
・・・
いつの間にか
天皇陛下の退位の時期が既成事実化していく。
怖わー!!!
・・・
なんともいやーな、てか、
とんでもない時代になっちゃいました。
ここまで天皇陛下をないがしろにする安倍って・・・
Cx3vjwruoaqfkpd
しかも
メスメディアが一斉に右へならい!!!
・・・
ことばを失います。
マスメディアも含めて
日本全体がこわれていく(泣)。
・・・
みなさんは
平静でいられますか?

『本がなくても生きて”は”いける(岸本葉子)』

岸本葉子さんの

『本がなくても生きて”は”いける』
41rvz7rjq1l_sx230_
岸本さんて
意外に読書家なんですね。
ジャンルも幅広くて。
紹介されてる本の中で
わたしも読んだ本は
『女たちのジハード』
一冊だけでした(笑)。
・・・
今度読もうと思ったのは
藤沢周平の『蝉しぐれ』
群ようこの『別人「群ようこ」のできるまで』
2作品ともやや古い本なので
見つかるかどうか。
まずは図書館から当たります。
みなさんは
どんな本をお読みになりますか?

2017年1月 8日 (日)

女の旅じたくほか(岸本葉子)

岸本ようこさんの

『女の旅じたく』、
51uizsen36l_sx230_
『40代からはつらつと生きるために』、
41xarm9qzal_sx230_
『自問自答』
41bpmeynahl_sx230_
を読みました。
サクサクと読める岸本エッセイ。
このなかでは
『自問自答』が最高でした。
愉快さでは
417e46500rl_sx230_
『結婚しても、しなくても』と双璧をなす。
この面白さはどこか
山口瞳の週刊誌コラム『男性自身』に
つうじるものがある。
と思うのですが
皆さんはどのようにお考えになりますか?
えっ?
山口瞳?who?
ですって!
ま、今どきの若い人はご存知ないのも
むべなるかな(もっともなことだなぁ)、
ですが(笑)。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ