無料ブログはココログ

書籍・雑誌

2018年5月31日 (木)

悪徳の輪舞曲(中山七里)♥

久しぶりの中山七里。

『悪徳の輪舞曲』
一気読み。
N333
・・・
待望の御子柴弁護士もの!
さすが中山七里!
最後まで結末が予測できない!
そしてお得意のどんでん返し♪
・・・
久しぶりに中山七里を堪能しましたっ!

2018年5月 4日 (金)

桜さがし(柴田よしき)

柴田よしきさんの

『桜さがし』
よかったです♥
S13
歌義、まり恵、陽介、綾の
中学時代の同級生4人が
京都を舞台に織りなす
青春群像とミステリの
8つの連作短編集♥
・・・
さすが作者だけあって
本当にうまい!
さくさく読めて
(続けて読むのが惜しいくらい)、
最後の「金色のはなびら」では
思わず涙する。
・・・
とにかく爽やかな読後感♥
・・・
ぜひあなたも手に取ってみてください♪

2018年4月15日 (日)

流星さがし(柴田よしき)

柴田よしきさんの

『流星さがし』
読みました。
・・・
S11
弁護士・歌義の成長を描く短編連作集。
柴田さん、相変わらずうまいですね。
さくさく読めます。
歌義も魅力的ですが
登場する女性たちもまた魅力的。
・・・
前作(桜さがし)があるようです。
これも読まなくっちゃ♥

2018年3月21日 (水)

夢より短い旅の果て(柴田よしき)

柴田よしきさんの

『夢より短い旅の果て』
S123
著者には珍しい?
貴重な鉄道もの。
もちろん、
単なる「鉄っちゃん」ものではありません。
時には涙も。
でも、
さくさく読めました♪
・・・
いろんな鉄道路線が出てきますが、
なかでも
飯田線に乗りたくなりました。
各駅停車で
思いっきり秘境を味わう♥
想像しただけでも楽しい!

2018年3月15日 (木)

『バラカ(桐野夏生)』

10日ぶりの更新。

このところツイッター
にかまけて
ブログの更新が滞りがち(泣)です。
・・・
ま、気を取り直して(笑)。
・・・
桐野夏生さんの
『バラカ』
読みました。
K55
ちょっと作り物めいてはいるが、
怖くてぞっとする話。
一気に引き込まれて
途中でやめることができない。
思えば3.11からはや7年が経った。
年々人々の記憶が風化していくのが恐ろしい。
あれだけの大惨事を引き起こした原発も
次々再稼働させ、
輸出までしてしまう現政権。
小説よりこちらのほうが
全然怖い!!!

2018年3月 5日 (月)

『安倍三代(青木理)』

青木理さんの
『安倍三代』
読みました。
A112
安倍晋三の3代にわたる系譜をたどる一冊。
安倍晋三とはどのような男?だったのかが垣間見える。
・・・
祖父・寛、父・信太郎と違い、東大を目指すでもなく
16年間を成蹊学園ですごした晋三。
著者が書くのに困るくらいエピソードのない、
凡庸な「いい子」
成績も、可もなく不可もない、
印象の薄い学生。
ただ母方の祖父・岸信介にはかわいがられた。
そんな無色透明・純粋培養なおぼっちゃまが
なぜいま日本をぶちこわしてしまうような男に???
その答えは残念ながら書かれてはいない。
・・・
末尾の、
かつての恩師・宇野重昭(元成蹊学園総長)のことば
U111
が印象的です。
・・・
(中略)
対する安倍晋三はどうか。
少なくとも桐野(※)のように、
学生時代から「成すことあらん」という大志を
抱いていた様子は微塵も感じられない。
周囲に感化された後付けの皮相な思想らしきものに
憑かれ、国を誤った方向に向かわせないでほしい。
・・・
愛する母校(※)の最高碩学(※)が
涙をうかべつつ放った心底からの諫言を、
凡庸だが心優しき3代目は、
はたしてどう受け止めるのだろうか。
(後略)
・・・
(参考)
桐野:桐野夏生、作家で成蹊学園卒
母校:成蹊学園
最高碩学:宇野重昭、成蹊学園法学部教授、元学長

2018年2月26日 (月)

『愚者の毒(宇佐美まこと)』

宇佐美まことさんの

『愚者の毒』
イッキ読み!
・・・
U1
・・・
いやー、力作です!
最後まで真相がわからない。
そしてどんでん返しの結末!
・・・
てかそんなことより
主人公たちの歩んできた壮絶な過去
のほうが
数段インパクトがある。
・・・
平成の文学史上、
といっては大げさなら
ミステリ小説史にのこる傑作・快作!
・・・
いやー、
読書っていいもんですね♥

2018年2月21日 (水)

『Black Box(伊藤詩織)』

伊藤詩織さんの

『Black Box』読みました。
・・・
I123
・・・
四面楚歌の中、
よくぞここまで戦い続けた著者の精神力。
素晴らしいです!
I12
・・・
それにしても
逮捕寸前で執行をストップさせた中村刑事部長や
その背後にある安倍政権への迎合は
モリカケを彷彿させる。
・・・
あきらかな準強姦事件にもかかわらず
検察も検察審査会も起訴しない結論を出し、
「警察に行くことすら難しい」性犯罪被害者に対する
捜査の在り方、
社会の受け止め方、
旧態依然たる男社会の警察・検察、
・・・
そしてなにより
沈黙という形でこの問題に蓋をするマスメディア。
詩織さんならずとも絶望感に襲われる。
・・・
詩織さんの勇気ある告発が
日本を変えていくことを祈るばかりです。
そのためにも、
すこしでもたくさんの人に読んでほしい本です。

2018年2月18日 (日)

『逃亡刑事(中山七里)』

中山七里さんの

『逃亡刑事』読みました。
・・・
N111
・・・
久しぶりの中山作品!
スリルと、筆者お得意のどんでん返し♪
やや漫画チックですが
楽しく読めました。
冴子と猛の交流にはホロリ。
もしかしたらシリーズ化もあるか?

2018年2月12日 (月)

『Miss You(柴田よしき)』

柴田よしきさんの

『Miss You』
読みました。
・・・
S1234
・・・
500ページを超える!長編でしたが
長さを感じさせないのは
やはり著者の力量ですね♥
出版界の舞台裏?みたいなのも
興味深かったです。
柴田さんの在庫、あと1冊(泣)、
のところで
昨日文庫の新刊を書店で発見♪
うれしー!!!

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ