無料ブログはココログ

書籍・雑誌

2017年5月24日 (水)

クリーピー(前川裕)

前川裕さんの

『クリーピー』
一気読みです。
41ia6srvqpl_sx317_bo1204203200_
えっ?
なんですって?
映画は見たのか?
ですって?
いえ、見てません。
映画化されてたこと自体知りません。
・・・
読みやすく、
知らず知らず引き込まれていき、
もう途中でやめることができない。
話しの進め方に無理がない。
おまけに、
中山七里ばりのどんでん返し、
圧巻のラスト!
・・・
著者は法大教授だそうで2足の草鞋?
よく書けるもんだなー。
変なところに感心します。
・・・
著者はほかに
2冊出版されてるようです。
突然、
楽しみが増えました♪

2017年5月21日 (日)

続・ちょっと早めの老い支度(岸本葉子)

岸本葉子さんの

『ちょっと早めの老い支度』
読みました。
・・・
51co86woaxl_sx341_bo1204203200_
・・・
老後といえば介護や住まい、お金などが
問題になるとは思っていたけれど、
そうした大きな問題もさることながら、
日常生活の中で現れるこまごました
小さな変化は、
なってみないとわからないものです。
・・・
「はじめに」の中の著者の言葉です。
・・・
細かい、具体的な内容ではなく、
”先の備えも、今の楽しみも両方大事。
等身大の老い先指南”
さくっと読める好エッセイ。

2017年5月20日 (土)

わたしの旅はアジアから(岸本葉子)

岸本葉子さんの

『わたしの旅はアジアから』
読みました。
・・・
51uascrendl_sx346_bo1204203200_
・・・
中国(長江、雲南、上海)
台湾
韓国(ソウル・釜山)、
チベット、シンガポール、クアラルンプールを
若い女性一人で旅して
体験したことや考えたこと。
この本の出版が1991年ですから
もう26年以上前のことです!
・・・
いやー、勇気ありますね。
わたしなんぞ、行けって言われても
速攻お断りします。
(シンガポール、マレーシアは別)
・・・
ソウル・梨花女子大などの大学生事情、
韓国の民主化運動の話など
とても興味深かった。
・・・
韓国って(当時から)、
学生も民衆も、
日本よりよほど
政治に対して
関心があり、行動力があるんですね。
・・・
最近も
大統領を首にしちゃいましたし。
・・・
一方で日本はといえば
戦前の治安維持法にも擬せられる
共謀罪法案があっさり強行採決
されてしまったにもかかわらず
マスコミはほとんど報じず国民も
まるで無関心を決め込む。
タガの外れた安倍暴走で
立憲主義・民主主義が崩壊に危機に瀕していても
まるで何もないかのよう。
これじゃあ韓国以下というより
北朝鮮に近いんじゃ?
あなたはどのようにお考えになりますか?

2017年5月19日 (金)

本バスめぐりん。(大崎梢)

大崎梢さんの

『本バスめぐりん。』
読みました。
・・・
Photo
・・・
さらっと読めました。
本バスって便利♥
相模原市にもあるのかな?
聞いたことあるようなないような。
見たことないですね。

2017年5月17日 (水)

エッセイ脳(岸本葉子)

岸本葉子さんの

『エッセイ脳』
読みました。
・・・
As20150422000177_comml_2
・・・
エッセイを書くときの心構え
が詳しく紹介されます。
・・・
著者はどんなに短いエッセイでも
最低三回は書くそう。
つまり
一回目は紙に書く。これが下書き。
二回目が本書き、パソコンか原稿用紙に。
三回目は直し。
しかも
一回目の前にフローチャートのようなメモ書き
も作るそうです。
・・・
いやー驚きました。
そんなふうにして一篇のエッセイができてるんですね。
しかも出版された本の数は数えきれません。
脱帽です。
わたしが審査委員長なら彼女に
エッセイストクラブ賞(最近聞かなくなったような・・・)
あげちゃいますね♪
・・・
わたしもこれから、
岸本先生?を見習って
ブログ更新や
300文字小説に挑戦です(キリッ!)。

2017年5月16日 (火)

秋山善吉工務店(中山七里)

中山七里さんの

『秋山善吉工務店』
読みました。
・・・
Photo
・・・
さすが中山七里、読みやすいですね。
残念なのは、
表紙にちょっと違和感がある
のは私だけ?

2017年5月15日 (月)

微熱の島 台湾(岸本葉子)

岸本葉子さんの

『微熱の島 台湾』読みました。
・・・
Photo
・・・
いつもとは違い
台湾を旅したエッセイ。
・・・
少数民族の少女、兵役中の青年、
日本統治時代を記憶する人、
中国に家族を残し一人台湾で生活する老人。
旅の中でのさまざまな出会いから、
人びとの表情や暮らしぶりを丹念に読み取り、
ひとつひとつ心の中にとどめていく。
肌で感じた台湾を鮮やかに描き出した
旅のエッセイ。
(裏表紙コピーより)
・・・
若い女性ひとりで
台湾を、それも名も知れぬ島などを訪れる。
岸本さんて
勇気ありますねー。
・・・
わたしも仕事で高雄に行ったことありますが
休日訪れたお寺のスケールの大きさに
圧倒された記憶があります・・・

2017年5月10日 (水)

『幸せまでもう一歩(岸本葉子)』ほか

岸本葉子さんの

『旅はお肌の曲がり角』、
『幸せまでもう一歩』
読みました。
・・・
51qnbqozbhl_sx336_bo1204203200_
・・・
414r1284vxl_sx346_bo1204203200_
・・・
相変わらずの岸本節。
安心して読めました。
『幸せまで・・・』のあとがきの
・・・でもめげないのが私の身上。
もう一歩で届きそうな幸せをめざし
これからも前向きで進みます。
の言葉、いいですね♪

2017年4月30日 (日)

『果鋭(黒川博行)』

黒川博行さんの

『果鋭』読みました。
・・・
51nfovcgml_sx336_bo1204203200_
・・・
伊達・堀内の元刑事コンビが大活躍!
疫病神シリーズと並ぶ、黒川ワールド、
健在ですね♪
・・・
あなたは
疫病神シリーズとどちらがお好きですか?

2017年4月27日 (木)

『30前後、やや美人』(岸本葉子)

おなじみ岸本葉子作品。

51euugwuyl_sy346_
読みやすい。
面白い。
岸本ワールド全開!な一冊。
出張(今はもうないけど)に持っていきたい本!

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ