無料ブログはココログ

経済・政治・国際

2016年5月10日 (火)

国民の声(小林節)

あの小林節さんがついに

Pk2016051002100061_size0


国民怒りの声」を立ち上げちゃいました!

田中龍作ジャーナルによれば、

・・・

統一名簿方式による野党共闘を唱え続けてきた憲法学者の

小林節・慶大名誉教授が、きょう、新党を発足させた。

党名は「国民怒りの声」。

基本政策は―


1、言論の自由の回復(メディアへの不介入)


2、消費税再増税の延期と行財政改革


3、辺野古新基地建設の中止と対米再交渉


4、TPP不承認と再交渉


5、原発の廃止と新エネルギーへの転換


6、戦争法の廃止と関連予算の福祉・教育への転換 /

  改悪労働法制の改正等により共生社会の実現


7、憲法改悪の阻止

7月の参院選挙には小林代表自ら比例区に立候補する。

・・・

ということです。

私は全面的に賛同します!

「失うものは(女房以外?)何もない」の言葉に

決意がうかがえますね。

できればこれに

松尾匡さんの経済政策をとりいれれば

最強だと思うんですが・・・

みなさんは

どのようにお考えになりますか?

2015年2月21日 (土)

たるみきった国会に恐怖する。

総理大臣が国会でヤジを飛ばすなんて(怒)。

そして横で笑ってる元総理。

Photo_4

【ノー天気なおふたり】

安倍首相が

衆院予算委員会?で

民主党議員の質問中に

『日教組っ!日教組っ!日教組っ!(2回か3回?)』って

ヤジを飛ばしました。

えっ???

しかも”日教組”すか?

ワケワカリマセン。

・・・

たまたま私もTVを観てましたが

ほんと、情けなくなりました。

一国の総理大臣たる自覚・責任感、

微塵もうかがうことができません。

横で笑ってる麻〇元総理なんかも

同じレベル。

たるみきってます!

・・・

140021548660234634226_abe


この国は、国民は、

円安と株高に浮かれてるあいだに、

いったいどこに連れていかれるんでしょうか?

情けなさを通り越して、

怖くなりました!

ほら、

そこのあなた、

もう、

気が付けば・・・(怖~っ)

かもしれませんよ。

2014年12月18日 (木)

借金が1億2、600万円、あなたなら?

国の借金が1,010兆円あるといっても

全然ピンときませんが、

こういうふうに考えれば

よくわかります。

Photo_3



・・・

日本の税収は50兆円

債務が1,010兆円(税収の21倍)

この利払いが25兆円

ってことは?勤め人に置き換えれば、

年収が600万円

借金が1億2、600万円

毎年の利子が300万円

なんですね!

・・・

これじゃぁ、

宝くじでも当てない限り

借金なんか永遠に返せない、

ってことがよくわかりますね♪

自転車操業のお手本。

歳出削減や消費税増税(35%必要とも)?

いずれも見込みなし。

・・・

安倍さんは

どう逆立ちしても無理なので、

財政健全化など1ミリも考えない。

悲願の憲法改正までやったら

『はい、では後をよろしく♪』てな感じで

辞めちゃうつもり。

もっと怖いのは、

ハイパーインフレ!に持ってっちゃえば、

円が(したがって債務も!)

”紙くずになっちゃう”じゃん!と夢想してる

かもしれないこと。

そうなったら、当然のことながら、

国民生活も”破壊”されます。

あ゛~怖~っ!!!

・・・

以上は

N

今週の週刊新潮の

”アベノミクスの未来を悲観する・・・”

なる特集記事から引用、一部勝手に”改竄?

したものです。

興味のある方は(正確に知りたい方は)

同誌を読んでみてください。

・・・

こういうことが、

全く問題にならない日本、てか、

(マスメディア含めて)

わかってても問題にせず、

安倍自民圧勝!

なんて浮かれてる日本って、

ほんと、不思議な国ですね。

みなさんは

どのようにお考えになりますか?

2014年5月27日 (火)

トヨタに期待する。

トヨタから

株主総会の招集通知が届きました。

P1001846

期末配当は100円、

中間と合わせて合計165円と、

前期(90円)比83%アップです。

取得価格は2,512円(もう3年前?)ですから

配当利回りは6.5%強ということになります♪

・・・

株価のほうは

今日、14円マイナスの5,585円。

円高傾向もあり、

ここしばらく、5,500円付近で一進一退。

去年5月に半分を売却したとき

”6,700円”の高値を付けていましたから、

この時の80%くらいで低迷?

していることになります。

ま、当面売るつもりもないので、

将来上がってくれれば

いまはどうということないです。

・・・

トヨタといえば

日本を代表する企業です。

前人未到?の1,000万台!

にふさわしい経営体制を固めてほしい。

日本企業のお手本になってほしいです。

”ビジネスユニット制”や

”トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ”

(設計や部品のグローバルな、さらなる共通化)

などに取り組むようですが、

いたずらに販売増を目指さず、

お得意の”盤石な財務体質”に

磨きをかけてほしいです。

そして、一株主としては、やはり、

配当と株価♪

あくまでも経営の結果として、で結構です。

Photo_2

【トヨタらしく、地味かつ堅実で構いません♪】

2013年12月30日 (月)

きょうは東証大納会

今日は東証大納会、

今年の株式市場の締めくくりです。

Photo

日経平均株価は

1万6,291円(+112円)と9日続伸、

年末株価としては7年ぶりの高値で

引けました!

来年もこの株高傾向が続くよう、

ひたすら祈るばかりですcoldsweats01

・・・

ちなみに

わたしの株の買い方は

日経平均が底を打ったあたりに

Photo_7   

【グラフは時事ドットコムサイトより】

財務体質の良い会社の株を買う

というものです。

ですから

株を購入できる機会(チャンス)は

数年(十数年?)サイクルでしか

訪れません。

株高トレンドの今は

買う勇気はありませんcoldsweats01

・・・

ちなみに

現在保有している株は

ほとんどが2年前くらいに買ったものです。

すなわち、

トヨタ:2,512→6,420(256%)

パナソニック(例外):780→1,224(157%)

三菱商事:1,345→2,017(150%)

イオン:1,055→1,425(135%)

の4社です。

数字は

購入価格、今日現在株価、③購入価格比の順です。

③は幸いすべて135%以上と

購入価格を上回っていますheart

(時期的に)例外のパナソニックは

今年の5月に購入したばかりですが、

157%と健闘していますね。

(株価の底で買うというルールからは外れてますが。)

Photo_4

【津賀パナソニック社長】

・・・

来年の株価の動向は

安倍さんの経済政策次第ですね。

消費増税への対応や

明確な成長戦略(つまり設備投資ですね)

で真価が問われます。

Photo_2

【最近はしゃぎすぎ?的な安倍さん】

2012年12月27日 (木)

明日は東証大納会

昨年の11月に

2、512円で購入した

トヨタの株価が

今日は92円上昇して

3,930円で終えました。

上昇率は56%以上です!

Photo

わたしの株の買い方は、

(といってもわずかな金額ですがcoldsweats01

とにかく日経平均が底を打ったあたりに買う

ことにつきます。

(てかそれしか知らないしろうとthink

上図であきらかなように

2011年12月近辺ってのは、

たとえば、

トヨタに限っていえば、

”10年来の安値水準”の時期

だったんですね。

なにしろ

あの

リーマンショックのころでさえ

3,000円近辺だったんですから。

2,500円まで下がれば

これは

もう買うしかありませんね。

それからは

山谷はあるものの

ほぼ上昇基調が続き、

今度の

安倍内閣の誕生で

一段のブレイクです。

P1000462

明日はもう

東証の納会です。

来年こそ

本物の

景気回復・株価上昇

を期待したいですが

果たしてどうなりますか。

・・・

えっ?

なんですって?

トヨタの株って、

何株もってるの?

ですって?

それは、

heartheartheart

ご想像にお任せしますcoldsweats01

2010年7月20日 (火)

シンガポールから学ぶこと

○○から学ぶこと、

第2回目は

シンガポールから学ぶ、

です。

・・・

このブログを始めたばかりの頃

(08年12月)

”現地現物主義”なるタイトルで

シンガポールでの体験を

書きました。

・・・

プラザ合意以降、

もといた会社は

海外生産を開始し、

その第1号が

アジアの

シンガポールでした。

Photo_4

おなじみの

『マーライオン』

・・・

ご存知のように

シンガポールは

1970、80年代に日本や米国の製造業が

アジアにおける低コスト生産のための

工場進出先として最初に選んだ国です。

・・・

しかしその後

シンガポールは

経済発展とともに

急速に賃金が上昇し、

低コスト生産基地としての魅力を

失いました。

タイ、マレーシア、インドネシア、シンセン、上海・・・

最近ではベトナムに

低コスト工場は移っていきました。

・・・

当然、

シンガポールの製造業は

すっかり空洞化してしまい、

産業の中心は金融など、ほかに移ってしまったのか?

という疑問がわいてきます。

・・・

答えは”否”です。

シンガポールのGDPの1/4は製造業が占め、

未だに重要な存在であり続けています。

・・・

えっ?

いまさらシンガポールで製造業?

とお感じになったかたも多いでしょう。

何故か?

・第1に、

「政府による積極的な産業振興政策」

があります。

その基本理念は

「産業資源に限られたシンガポールに

いかに海外の資源を取り込むか」

ということであり、

資源とは海外の有力企業と人材

ですね。

進出企業の立場・ニーズに応じた

きめ細かい投資優遇政策がある。

ただでさえ優れたインフラ

を持つ上に

極上のサービスが伴えば、

もう言うことありませんね。

・第2は、

なんといっても人材の優秀さ、品質の高さですね。

改めて見直されつつあるようです。

・第3は、

後発諸国の賃金上昇や

シンガポールでの設備償却が済んでいることなどから

生産コストの差が徐々に小さくなってきた、

こともあるでしょう。

・・・

ハードディスク記憶媒体、

世界の1/4はシンガポール生産だそうです。

なによりも

2010年のGDP成長率は10.8%と、

中国を抜いて世界1になるとの予測がされています。

製造業だけが牽引してるわけではないでしょうが、

驚きの数字ですね。

・・・

ネットによれば、

シンガポールには

EDB(economic development board)

「経済開発庁」

なる機関があって、

『国民に雇用機会と事業機会をもたらす

ことによって

シンガポールに持続的な成長を創出する』

をミッションに掲げ、

・海外企業誘致のための税制優遇策、

・研究開発支援制度(補助金等)

・企業が必要とする資源調達支援

などの施策を強力に進めているらしい。

・・・

一旦は

製造業の空洞化

の危機にさらされながら

経済成長の源を、

単なる電子機器輸出以外の

金融、航空、観光などのサービス分野

などにも幅広く求め取組んだ結果、

見事に奏功しています。

明確な国家戦略が見て取れます。

・・・

一方、

日本は?

・・・

例えば、

日本の法人税率は世界トップ・レヴェルのままです。

産業界からは

引き下げを求める声が強くなっていますが、

単に

・大企業優遇反対!とか、

・税収が落ちるとか

・いや企業を元気にすれば税収は伸びるとか

瑣末な議論ばかりです。

『この国の

産業を振興し

持続的な成長を創出する』

ために、

法人税はどうあるべきか、

この国の産業をどう成長させるのか?

なんで飯を食っていくのか?

どうやって国際競争力を高めていくか、

国家としての産業政策、

その前に国家戦略・ビジョン

・・・

『そのために』

法人税をどうすべきか?

を議論すべきだと思うんですが。

残念乍ら、

官民両方から

そのような声が聞こえてきません。

皆さんはどのようにお考えになりますか。

ほら

シンガポールっていう

資源を持たない小さな島国

ですが

立派に経済成長を維持している

国があるじゃないですか。

・・・

「自民党の消費税10%を参考にして」

は情けない話ですが、

「シンガポールを参考にして」

ならぜひ聞きたい、

と思うのは

私だけでしょうか。

・・・

Photo_2

世界屈指の『チャンギ国際空港』。

ハブ空港のお手本です。

・・・

上の2枚とも、

ウイキペディアから転載しました。

2009年2月 5日 (木)

株式銘柄を絞り込む

株式銘柄の絞り込みについて考えてみます。

当たり前の中小企業」では、例えば卸売業が販売先を見直す方法は、

・販売先別の取引額、利益額、販売商品、配送回数、受注形態などの実態を把握し、

・自社への貢献度、採算性、将来性をポイント化し、

・総合得点によるABC分析を行い、

・Cランクの販売先を中心に絞込みを実施する、

と述べました。

これを株式銘柄に応用すると、どうなるのでしょうか。

・・・

例えば、安定性を第一に、利回り重視の株を検討している、としましょう。

なにせ百年に一度の不景気・超低金利時代を迎えていますから。

今現在、配当利回りの高い有力銘柄を5つピックアップしたとします。

三井物産 5%

任天堂 4.8%

武田薬品 3.9%

NTTドコモ 3%

中部電力 2.2%

【1】指標を4つ選び、10点満点で評価します。

(1)まずは、その企業の安定性です、

三井 7点

任天堂 6点

武田 7点

NTT 10点

中電 10点

としました。”適当”でかまいません(真面目に考えてもわかりません)。

(2)次は利回りです。これは最高銘柄を10点とした比例計算で出します。

三井 10点

任天堂 9点

武田 7点

NTT 6点

中電 4点

(3)続いて割安感です。

これは各銘柄のPBR(株価純資産倍率)を基準に最高(っていうか最低)銘柄を10点として比例計算で出します。

三井 10点

任天堂 2.5点

武田 5点

NTT 5点

中電 7点

(4)最後は株価上昇期待です。適当でかまいません。

三井 10点

任天堂 7点

武田 7点

NTT 4点

中電 3点

となります。

ここまでを単純に合計してもいいのですが、

【2】各指標に重み付けをします。

株を購入する目的に沿って、

例えば、直近では使わない資金であって、

”安定”株の、

”配当”を期待したい、

今の株価が”割安”であり、

できれば将来(5~10年後)の”キャピタルゲイン”も期待したい、

の優先順位であれば、

安定性X1、配当利回りX0.5、割安感X0.3、株価上昇期待X0.3

のように重み付けします。

・・・

このようにして総合点を計算しますと、

1位:三井物産 18点

2位:NTTドコモ 15.7点

3位:中部電力 15点

4位:武田薬品 14.1点

5位:任天堂 13.3点

のようになります。

面倒くさそうですが、

紙を用意して、縦に銘柄、横に指標と点数で整理していけば、わけありません。

エクセルなど使えばあっという間に出来上がります。

・・・

教科書どおりにいきますと、

総合点の低い

任天堂、武田薬品、中電の順に絞込みを行う、ということになります。

・・・

いうまでもないことですが、そもそも株式投資なんてのは、

世界の経済情勢や産業構造の変化、企業の経営力に左右される”他力本願”かつ”予測不能”なものであり、

財務諸表自体が、企業の実態を正直に表示しているのか?、”まゆつば”ものですから、

真剣に考えるものではありません(答えは見つかりません)。

・・・ちなみに個人向け国債の総合点を計算しますと、

安定性10点、利回り1点、割安感・株価上昇期待ともに0点として

10.5点となり、

「今」の時点では株のほうがポテンシャルは高い、となります。

但し、株価がほぼ底を打った(と言われていますが・・・)今だけの話しであり、

景気が回復し、株価も相当程度回復してしまった時点では、

株式の配当利回り等の評価は一変します。

特に株価上昇期待度なんてのは、マイナス点をつけなくてはいけなくなる可能性もでてきますが、

そのへんの見極めは、はっきり言って”不可能”です。

逆に言えば、ある程度「えいやっ!」で予測できるのは今しかない、ともいえます。

・・・

ここからが大切なことなのですが

「もしあなたの会社に余裕資金があるのなら」、

”本業に注力すべき”であって、不要設備の除却などの体質改革や、将来に備えた研究開発に投資すべきであり、

間違っても有価証券などに浮気してはいけません

・・・

上の検討は、

”絞込み”のやりかたの例題として株式銘柄比較を取り上げたにすぎません。

また、この方法で株式を購入され、損失をこうっむっても、一切責任を負いません、当たり前のことですが(笑)。

Top_pic_main_4    

春の国債

3月5日より発売されるそうですが・・・

2009年1月 6日 (火)

元気の出る話

東京新聞で今日から”探訪、(東京)都の企業、奮闘編”なる連載が始まりました。

「この未曾有の不況下にあって奮闘する都の企業たちの姿を紹介する」と銘打ったものであり、第1回の今日は松井精機(板橋区)さんを取り上げています。

この会社はチタン切削に特徴のある金属加工会社(従業員12名)ですが、その得意技術を生かして、自動車産業の絶頂期だった2007年に、それまでの自動車部品から、社長自らの夢であった航空機部品への転換を決意、ボーイング社への部品供給を実現させました。航空機部品の生産に生き残りをかけています。

日本が世界で抜きん出ている分野は「ものづくり」の分野であり、この未曾有の不況を脱出するキッカケはこの分野が元気になることでしょう。

今は体質強化に専念し、在庫調整が進んだ後の生産回復に向け、次の商品、次の技術のネタを仕込むことに注力すべきです。

そのためには、先述しましたように、同業者、大学や政府機関・商工会などとの連携・スクラムを組むべきです。松井精機さんのように、自社1社で独自技術を開発できればいうことありませんが、ほとんどの中小・零細には難しいことです。

今後の連載に、どのような会社が登場してくるのか、楽しみです。

これらの企業さんからその考え方を学び、悪く言えばノウハウやコツを盗みたいものです。あくまでも軸足は本業におきながら。

・・・・・

「相模の国 一之宮 寒川神社」あなたは何をいのりましたか?

P1000011

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ