無料ブログはココログ

バイク

2017年6月27日 (火)

最高傑作?(FTR223)

いまの相棒は

FTR223です。
F2
これはホンダ公式サイトに載ってるものですが、
写真はあるものの”生産終了”とあります。
てことは
新車ではもう手に入れることができません。
・・・
スーパーカブに2年乗ったところで
これに乗り換えました(もちろん中古)。
ま、カブは2年乗れば十分ですね。
4輪に追い越しかけられたこともあったっけ。
・・・
FTRの魅力は、
なんといってもその
シンプルさとスタイリッシュなデザイン
これにつきますね。
F7
【赤シートと白リアフェンダーにとっかえました♥】
・・・
・シンプルで丈夫な4スト単気筒エンジン
・スリムで軽い車体と楽なライポジ
・わたしの大好きなトリコロールカラー
・メンテナンスフリー、コスパ最高
・・・
要するに
”単純で手軽だけど飽きのこない1台”
・・・
N6_2
・・・
NSR↑はホンダ渾身の最高傑作でしたが、
FTRは全然違った意味で
(私にとって?)
ホンダの最高傑作バイクですね♥
・・・
あるいは、
別名、下駄ばき?バイク、なんていったら
ホンダの開発者に怒られるかしら。
でもそんな狙いも少しはあったのでは?
・・・
そしてその戦略は見事成功!
FTRはそんなバイクです。

2017年6月21日 (水)

スーパーカブ110

NSR250には

一生乗り続けるつもりでしたが、
・・・
N23
・・・
レーサーレプリカの宿命?
ライポジ(Riding Position、乗車姿勢)のきつさが
歳とともに堪えがたいものとなって。
・・・
30分乗っただけでギブアップ状態!
背中、肩、腕、指すべてが痛くなる(泣)。
・・・
特にクラッチ操作で開閉を繰り返す左手・指の
痛さは半端ない。
・・・
ま、それと、
維持費や補修部品入手困難恐怖とか
もろもろあって
断腸の思い(ちと大げさ?)でNSRを降りることに。
(もう)3年前のことです。
・・・
・・・
次にチョイスしたのが
スーパーカブ110↓
・・・
その、
いかにも楽ちんそうなライポジ、
蹴とばしても壊れなさそーな堅牢さ、
60キロを超える燃費、
自転車並みの気軽さ(駐輪場にも置けます)、
カスタムパーツ・サービスパーツ山盛り?
・・・
などが購入動機ですね。
・・・
C3
・・・
購入したのは
NSRですっかりおなじみ?オートショップ皆川。
何も言わなくても
荷台に収納ボックスつけてくれました。
タダじゃありません、為念。
・・・
C4
・・・
ちなみに
NSRの距離計は29,724キロ。
多いような少ないような。
でも、
思い出はいっぱいあったね♥
N33_2
・・・
プラグの”かぶり”には
一時悩まされましたっけ↓
・・・
N13

2017年6月16日 (金)

リッターバイク(CBR900RR)

CBR900RR。

唯一大型排気量で乗ったバイク。
私のバイク遍歴は続きます。
・・・
C1
【背景は富士山(ふじやま)ビールです】
・・・
バイク乗りなら一度は憧れる限定解除♥
・・・
わたしの技量では試験場合格とてもムリなので
セパルライディングスクール(橋本自動車学校)
に通いました♪
たしか50才(ごろ?)の時。
・・・
念願の限定解除(てか大型二輪)♥♥記念に
家内に無理言って(ほんと!)購入したのが
このバイクです。
・・・
初めての大排気量に痺れました。
力強いトルクとゼロヨン?スピード、車体の安定感。
西湘バイパスも余裕♥で流せる。
スロットルなど10度くらいしか回してない?
余勢をかって
富士スピードウェイを体験走行しちゃいました!!!
しばらくCBRに夢中な毎日♪
・・・
でも、
狭い日本、このバイクのパフォーマンスを
生かせる道路なんてそんなにない?
ってのが実感ですね。
・・・
C2
いわば宝の持ち腐れバイク
それがCBR900RRです。
・・・
そのくせバイクの重量には辟易します。
やたら重い!!!
ちょっとでも勾配のついた道など
力いっぱい押してもびくともしない(泣)!
走ってるときはホントらくなのに。
まるで牛(たとえが変?)みたい。
・・・
50ccをフルスロットルで飛ばすのも楽しいですが
リッターバイクを余裕で流す優越感?も捨てがたい。
・・・
いろんな意味で、
リッターバイクの悲喜こもごも?
を味わわせてくれた
貴重なバイクでした♥

2017年6月12日 (月)

はるか岡山行(吉岡さん)

岡山へのロングツーリングの目的は

吉岡さんにお会いすることでした。
・・・
N37_2
【左が吉岡さんです】
・・・
吉岡さんとはビクター時代に仕事を
ご一緒した仲(わたしより少し先輩)。
アメリカ暮らしが長く
ポルトガル語なんかもこなす貴重な人材だった。
・・・
米州本部副本部長だった吉岡さんが
ブラジル・サンパウロに現地販売法人を設立したのが
1996年。
・・・
現地AV大手のグラディエンテ社との合弁で。
日本からの完成品輸入では商売にならないので、
半完成品キットの形から現地生産する必要があった。
E1
【よく泊まったエスタンプラザ・パウリスタ ホテル】
・・・
マナウスというジャングルの真ん中の
一大フリーゾーン(自由貿易地域)で
グ社に生産を頼む。
とにかく、
グ社相手にわたりあい、交渉なんかはほぼ一人で?
まとめちゃうんですから大したもの!
(契約書なんかは専門部署が担当します)
なんたってポルトガル語しか通じない国。
それだけでも凄い!
・・・
ま、その後いろいろあって、
グ社とは合弁を解消(1999年)し、
2001年には松下(パナソニック アマゾニア社)に
生産委託することになりますが。
・・・
吉岡さんとは松下に生産委託する前までくらいの
お付き合いでしたが、
定年を控えて日本に帰任されてからも
よく休み時間なんかにコーヒー、煙草で雑談してました。
・・・
その雑談の中で、
退職後は岡山に帰るので遊びに来いよ、みたいな
話しになりました。
・・・
とまあ、
長い話になっちゃいましたね(笑)。
わたしも吉岡さんとの仕事を通して
何度もサンパウロやマナウスに足を運びました。
N100
【マナウスの定宿?ノヴォテル・マナウス ホテル】
いま思うと夢のよう(大げさな!)。
・・・
岡山の夜は
吉岡さんご夫妻と、行きつけのお寿司屋さんで
愉快なひと時を過ごすことができました。
・・・
なお、その後、吉岡さんとは、
上京されたとき3度ほどお会いしました。
最近どーされてるかなー。

はるか岡山行(承前)

旅館「紫」の女将とNSRです。

岡山に向かう朝撮ったものです。
・・・
N35
・・・
前日、着いたのは午後4時くらい。
紫から歩いて清水寺に行ってきました。
小学校の修学旅行以来!
観光地化が進み?ちょっと残念な気も。
・・・
宿に帰れば
お風呂が沸いていました。
古くて狭いけど綺麗に磨き上げられており、
風情(ふぜい)あふれるおふろ♪
中央道を走ってきた疲れも
一気に吹っ飛びました。
(前日は駒ケ根に一泊)
・・・
雲行き怪しく、
出発そうそう、ぽつりと雨が(泣)。
このあと、残念ながら、
”雨の山陽自動車道”
になってしまいます。

2017年6月11日 (日)

はるか岡山行

NSRでのロングツーリングといえば

何年か前(平成18年)の岡山行。
・・・
N36
【京都祇園”むらさき”前にて。私とNSR】
・・・
いまから思うと、高速メインとはいえ、
はるばる岡山まで、よくバイクで行けたもんですねー。
十代の少年少女ならいざ知らず!?
・・・
途中、京都では祇園に一泊。
・・・
N38_2
・・・
旅館”紫”は
昔の置屋を改造した(確か)、
これぞ祇園」な旅館です。
もどってきたあと、
女将から礼状が届きました。
こういう心遣いがうれしい。
また行きたいなー、って気持ちになりますよね♪
・・・
古き良き京都!?を堪能できた宿でした♥

TZR250R(ヤマハ)

2ストレーサーレプリカの先鞭をつけたのは

スズキRGガンマだと思いますが、
一気にブームに火をつけたのが
TZR250でしたね。
T2
赤白ストロボライン?が鮮烈なイメージ。
憧れました。
・・・
んなわけで
ブームがとうに過ぎ去ったころ
レッドバロンで見つけた青いTZRを↓
手に入れましたが
正直のけぞりました!
・・・
ライポジ、剛性が
あまりにNSRとは違ってて。
なんかぐにゃぐにゃな感じ。
ニーグリップ?できません(泣)。
レーサーレプリカというには??なバイクでした。
・・・
T1
バックは津久井湖。
なぜか額に入れてかざってある!?

NSRロスマと団子鼻

写真嫌いの私ですが

めずらしくNSR250RSPロスマンズとの
ツーショットがあります。
妻がデジカメで撮ってくれた♥
青春?のひとコマ(笑)。
・・・
P1002100
えっ?
あなた、こんな団子っ鼻?でしたっけ?
そー見えますねー♪
メガネのせい?
・・・
むかしNSRロスマに載ってた証明写真。
なつかしー!

2017年6月 9日 (金)

閑話休題(バイク屋さん)

NSRを購入したのは

淵野辺の斉藤オートと
・・・
Photo_2
瀬谷のオートショップ皆川です。
・・・
Photo_3
・・・
最初のころは、斉藤さん、
途中から皆川さんにかわりました。
・・・
オートショップ皆川は
当時NSR専門店といっていいくらいの勢いで
品揃えは豊富、
常時10から15台以上?ありましたかね。
憧れの90ロスマンズも皆川さんです。
・・・
時は流れ、
斉藤オートは閉店し、
オートショップ皆川はスクーター専門店化?
してしまいました
(こないだのGWによってみましたが連休中!)。
・・・
そりゃーそーだよなー。
へたしたら30年たつんだもんなー。
わたしも年とるわけだよなー。

2017年6月 8日 (木)

完成形(94年モデル)

NSR250は

94年モデルでその完成?を見ます。
・・・
16_66
てか、
このモデルを最後に、
NSRの開発は終了し、
96年には
2ストバイクそのものの開発・販売の中止を
発表します。
・・・
ホンダ渾身の遺作、’94NSRは、
①PGMはⅣに進化、
メモリーカードシステムを採用。
(キーではなくカード!)
②高剛性片持ちリヤ・フォーク(プロアーム)を新採用して
(レーサーテイスト満々)
話題をさらったものの、
自主規制により出力を40PSに抑えた。
・・・
さすがのレーサーレプリカ熱も一段落のところへ
ホンダの2スト撤退発表が冷や水を浴びせ、
このころを境に
2ストレプリカブームは一挙に冷めていきます。
・・・
なわけで、
NSRの完成形、
それが’94NSRです。
・・・
私の印象も意外におとなしいもの。
扱いやすいけどなんか物足りない?
そんなバイクでしたね。
・・・
Mc28
NSRの中では、
デザイン、性能バランスすべてにおいて
このロスマンズ仕様が一番美しいと思います♥
すなわち完成形!
・・・
ちなみに、
この”SP仕様”は新車本体価格80万円也!
青少年にとっては、
ちと高くなりすぎましたね。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ